絶対的な効果を持つミノキシジル。その劇的な効果と副作用についても解説していきます。

ミノキシジルの効果と副作用。

ミノキシジルの効果。

ミノキシジルは、アップジョン社によって高血圧患者の為の、血管拡張剤として開発されました。

 

このミノキシジルを使用していた患者達が多毛症という副作用を引き起こしたことから、AGA治療に活用されるようになったと言われています。

 

元々は血管拡張剤ですので、頭皮の血流を促進し、髪の成長を促すというメカニズムです。

 

しかし昨今では研究も進み、ミノキシジルが毛包に直接働きかけていることも分かってきています。毛包に直接働きかけることにより、新たな毛の発毛を促し、細くなってしまった髪を再び太い髪に成長させる効果があるとわけですね。。

 

プロペシア(フィナステリド)が男性ホルモンに作用し、抜け毛を予防する効果があるのに対し、ミノキシジルは新たな毛髪を作り、更に髪自体を強くする効果があります。

 

この二つの違った毛根に対する作用が、薄毛改善を目指すAGA患者を強くサポートしてくれるわけです!

 

 

 

ミノキシジルの副作用

塗るタイプ(外用薬)の副作用

 

かゆみ、かぶれ

塗るタイプのミノキシジル商品における代表的な副作用です。ミノキシジル系外用薬が肌質に合わない人が発症する副作用で、かゆみやかぶれといった症状があらわれます。

 

ムズムズするといった軽い症状の方もいれば、我慢できないほどの激しいかゆみを伴う方まで頭皮に表れる症状も様々です。

 

原因は溶剤であるプロピレングリコールやアルコールに対するアレルギー反応です。

 

痛み、炎症

頭皮のかゆみやかぶれが進行すると、痛みや炎症にも成りかねません。ミノキシジルが頭皮に合わないと感じたら直ちに使用を中止しましょう。

 

 

飲むタイプ(内服薬)のミノキシジル

 

血管への負担

元々は高血圧患者のための血管拡張剤ですので、血流を促進させる効果があります。高血圧患者では無い人が使用すると、動悸、めまい、不整脈などの症状を引き起こすおそれがあります。

 

異常を感じたら直ちに使用を中止すること、そして元々低血圧な方、心臓に持病をお持ちの方は使用しないよう注意しましょう。

 

多毛症

ミノキシジルタブレットにおいて最も多い副作用です。頭皮だけにミノキシジルが作用すればいいのですが、そうはいきません。私の場合、腕や手の甲の毛が濃くなりました。

 

正直なところ、少々体毛が濃くなることと引き換えにハゲから解放されたわけですから、私の場合は安い代償です。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ミノキシジルとは? プロペシアとは? AGAを知ろう! 悲しき薄毛あるある。 育毛オカルト徹底検証!